ハムスターのケージ内の掃除

ハムスターの暮らすケージの中。 そこが、この子たちの世界になります。

人間も同じですが、汚い場所にいると病気になってしまいます。 自分では掃除ができない子たちですから、できるだけこまめに 掃除してあげましょう。

掃除の始め方

ハムスターは夜行性です。 人間にあわせるのではなく、ハムスターの時間にあわせてあげます。

ケージの掃除は、できるだけハムスターの起きている時間に、早朝や夜に行います。

まずは、掃除の間、安全に過ごすことができる場所を 確保します。

キャリーで待機してもらうのがベストだと思います。

私は、慣れてからは、危険がないようにした部屋の中で遊ばせていたり したのですが、慣れるまでは大きめの「段ボール」や、もう一つケージを 用意して、その中に、トンネル(トイレットペーパーの芯)や砂場などを 入れて遊ばせていました。

どんな場所でも良いのですが、掃除中に事故にあったり、いなくなったり しない安全な場所が絶対条件です。

小さな生き物ですからちょっとしたことが「死」につながります。 十分注意してくださいね。

場所の確保ができたらハムスターをその場所に移動させます。 慣れてくれば、抱き上げることも簡単ですし、 おっとりな子であれば、この移動も簡単なものであるかもしれませんが 大抵の子は、逃げます。

では、掃除のとき、ハムスターをどうやって移動させたらいいのでしょう?

ハムスターは、狭い場所が大好きです。

マグカップのようなものを用意すれば、そこににげこんでくれますので そのまますくいあげて移動させるか、トイレなどに入ったときに トイレごと移動させても良いと思います。

無理に捕まえようと追いかけすぎると、人間の手が嫌いな子になって しまうので、捕まえると言うよりは「誘導」です。

毎日のケージ掃除>>